11月6日・11月7日に海の中道海浜公園内で
「森の美術館」を開催いたします。

詳細や募集要項についてはこちら

森の美術館は ”自然の中でアートを楽しむ”がコンセプトのイベントです。

松葉の濃い緑や、さわやかな香りなどから
「自然の美しさ」を感じたり、
たくさんの素敵なアート作品から
「アートの自由さや楽しさ」などを感じるイベントとなっております。

森の美術館 Instagram

海辺のギャラリー Instagram

海辺のギャラリーは森の美術館が運営するギャラリーです。

海辺のギャラリーとは

CONTACT US

お気軽にお問い合わせください。

〒811-3311 福津市宮司浜4-2-15マウイ
JR鹿児島本線 福間駅より車で約5分。

床 革 7

開催予定日:
2021年7月20日〜8月2日まで

「革の裏側を使い切り貼りして絵を描いています」
14年前、脳出血により右半身麻痺、失語症になり何も出来ない身体になりました。
しかし少しづつ回復して今では片手で革を扱うようになっています。

作家:藤野高嗣

作品ジャンル:工芸/染色

プロフィール:
○経歴
1994年、腎不全、人工透析。
2008年、脳出血、
2009年、腎臓移植
2015年、革工房立ち上げ

○現在
床革個展
展覧会・展示会
九州一周徒歩の旅
大学、専門学校など講義、講演

写真家:景色

4/24(土)
出店者様を撮影させていただきます。
普段は家族写真、猫さんを中心に写真活動をしております。
皆様の表情を素敵に切り取れたらと思います。

撮影参加日 4月24(土)

専門:写真

作家プロフィール:景色

普段は福津市のくつろぎ珈琲でバリスタをしています。

珈琲と写真”は正解がなく、表現や楽しみ方が自由なところが大好きです。

instagram:_keshiki._

松原保全:田中 利宏

毎月、人知れずせっせと落ち葉をかき集めて松林の外に運んでいる人々の写真を展示します。

出展予定日 4月24(土) 25(日)

専門:松葉かき

今回の会場となる松林はボランティアの保全活動により綺麗に保たれています。
この保全活動に参加しているのはほとんどが近隣の住民さんです。
その多くがお歳を召された人生の先輩方です。

そのボランティアの方々は自ら保全活動のスケジュールを調べて参加して下さっています。
保全活動の内容は落ち葉をかき集めて松林の外に搬出したり、心無い人が隠すように捨てたゴミを拾い集めたりと、そのような作業を誰からも賞賛されることなくただひたすら黙々とやって作業が終わると少しだけ談笑して何ごともなかったように解散します。

私からすると松林の妖精のように感じていて、カッコいい大人とはこんな人たちではないかと思うのです。

この松林の保全活動は今回の会場となる宮司浜だけでなく、津屋崎や福間、勝浦などおそらく全国で行わている取り組みだと思います。
こんな活動をしている人たちの存在をもう少しだけ、多くの人に知っていただきたく写真を展示します。

プロフィール:田中 利宏

普段は福津市でwebサイト制作の会社をしています。

8年ほど前から保全活動に参加するようになり、そこでいろんなことを感じて森の美術館や森の芸術祭に取り組むようになりました。

また3年ほど前から冬に狩猟をやっています。
狩猟でとれた命はありがたく戴いておりますが、その経験を通じて感じるのは、今の世の中は人間だけの都合に合わせすぎてしまい、その結果、いろんな問題が人間だけでなく、地球全体に降りかかって来ているように思えてなりません。
今後はそのような問題にもおだやかに取り組んでいきたいと思っています。

HP : いとぐち

写真家:エリー

趣味で写真を撮っています。
Web制作の仕事で商品撮影もしたりしています。
4/25(日)に、カメラマンとして森の美術館の様子を撮影させていただきます。
森の美術館の楽しさを写真を通して伝えられたらいいなと思います。

撮影参加日 4月25(日)

専門:写真

エリー作品01
エリー作品02
エリー作品03
エリー作品04
エリー作品05
エリー作品06
エリー作品07
エリー作品08

作家プロフィール:エリー

エリー

写真を撮ることが大好きです。
オールマイティーに何でも、その時に撮りたいものを撮って楽しんでいます。

特に、何気ない風景や街の写真、大好きな珈琲の写真を撮るのが好きです。

Instagram : e_photo_79